ふたりのコントおじさん 歌詞:文色(友鐘・おだ)

或る日サイト開いたら ふたりのおっさんが 長い長い無駄話していた
ひとりは浅黒く ひとりは女子力高く ふたりは――*+¥%?!

おっさん達は激しくアレなネット社会をチカラ合わせ越えることにした
ひとりはネタを創り ひとりは其れに駄目出し コントは――*+¥%?!

浅黒いおっさんが 床屋の前のアレを真似したのだ
可愛いおっさんが それを聴いてときめいちゃったのだ
ふたりのおっさんは 運命の出会いを果たしたのだ


びびりながら進むふたりのコントは増えてった 山の様なDATAの数
一度はmp3を退げ それでも諦めきれず SERVERは――!!*+¥%……

容量OVER 素材は溢れ ふたりのおっさんはWWWの海に放り出された
ひとりは慌てず ひとりは猛り ふたりで――*+¥%?!

浅黒いおっさんは それを気にせずゲームしていた
可愛いおっさんは 化粧水を買いに行った
ふたりのおっさんは 現実逃避をはじめたのだ

 (現実逃避)


もうUPられないと泣きながら 頑張るおっさんたちの足掻く様は とても見せられない
新しいサイトのドメインは ⇒http://batukakeru.daa.jp/  サイトは――*+¥%?!


遥か昔 非常に限られた範囲で有名なサイトの 『汚いコエのエンタテインメント』
ひとりは浅黒く ひとりは可愛く サイトは サイトは とても――*+¥%?!

浅黒いおっさんは やっぱり今日もゲームしていた
可愛いおっさんは 女子力高過ぎて 女子になった
ふたりのおっさんは 今日もぐだぐだ 『駄・トーク』していた


そして、
ゲームのおっさんは ヤバイと思って走り出した
女子力おっさんは 満30歳を前に女子を越えた
ふたりのおっさんは 走り続けて 『バツカケル』 になった

ジョギングおっさんは 最近なんか?靴擦れをした
一方、女子越えおっさんは 結構以前から 靴擦れをしてる
そして、
ふたりのおっさんは 笑いを求めて コミックマーケット'84に行った
コミックマーケット'84のおっさんは 準備不足で某RB渋谷店の¥1000を買った
ふたりのおっさんは なんだかんだで そう コントになった

コントに似た 何か?になった



-----------------

<読み>


  ふたりのコントおじさん 

           作詞:文色(友鐘・おだ)


あるひ サイト ひらいたら ふたりのおっさんが
ながいながい トークしていた
ひとりはあさぐろく ひとりは女子力たかく ふたりは****

おっさんたちは はげしくアレな ネット社会をチカラあわせこえることにした
ひとりはネタをつくり ひとりはそれにだめだし コントは****

あさぐろいおっさんが とこやのまえのアレをマネしたのだ
かわいいおっさんが それをきいてときめいちゃったのだ
ふたりのおっさんは うんめいのであいを はたしたのだ


びびりながら進むふたりの コントはふえてった やまのようなデータのかず
いちどはネタをさげ それでもあきらめきれず サーバーは****

ようりょうオーバー ネタはあふれ ふたりのおっさんはネットのうみにほうりだされた
ひとりはあわてず ひとりはたけり ふたりで****

あさぐろいおっさんは それをきにせずゲームしていた
かわいいおっさんは 化粧水をかいにいった
ふたりのおっさんは 現実逃避をはじめたのだ

 (間奏・口笛)


もうあげられない となきながら 
がんばるおっさんたちの あがくさまは とてもみせられない
あたらしいサイトのドメインは バツカケル  サイトは****


はるかむかし いちぶでゆうめいなサイトの 『きたないコエのものがたり』
ひとりはあさぐろく ひとりはかわいく サイトは サイトはとても ****

あさぐろいおっさんは やっぱり今日もゲームしていた
かわいいいおっさんは 女子力たかすぎて 女子になった
ふたりのおっさんは きょうもぐだぐだ 『ダ・トーク』していた(ダ・トークしていた)


そして、
ゲームのおっさんは ヤバイとおもって はしりだした
女子力おっさんは みそじをまえに 女子をこえた
ふたりのおっさんは はしりつづけて バツカケ になった

ジョギングおっさんは さいきん なんか くつずれをした いっぽう
女子ごえおっさんは けっこうまえから くつずれしてる
そして、
ふたりのおっさんは わらいをもとめて コミケにいった
コミケのおっさんは じゅんびぶそくで シャツをかった
ふたりのおっさんは なんだかんだで そう コントになった

コントににた なにかになった